Clickcease

寒さに取り残されないために:デジタルノマドを管理する10のヒント

a digital nomad working on a laptop sitting by the sea

寒い冬がやってくると、奇妙な移動が始まる。 南へ向かう鳥の群れでもなければ、暖かい気候を求める動物でもない。 デジタル・ノマディズムの台頭である。

テクノロジーの出現と地理的な境界線にとらわれないライフスタイルへの願望により、寒くなるとデジタル・ノマド・ライフスタイルを選択するリモートワーカーがますます増えている。 彼らは異国の地でリモートワークし、海外のカフェでコーヒーを飲み、本業に勤しみながら新しい文化を探検する。 このライフスタイルの魅力は否定できない。

2035年までに、世界のデジタル・ノマドの数は10億人を超えると推定されている。
デジタル・ノマドの数は世界で10億人を超える
世界の労働人口のおよそ3分の1を占める。 多くの政府もこの傾向を受け入れており、専用施設を提供している。 デジタル・ノマド誘致のためのビザ・プログラム 自国に長期滞在し、仕事をする。 このような労働環境の変化により、企業は物理的な転居を伴わずに優秀な人材を雇用するチャンスが広がっている。

しかし、どんな革命的なトレンドでもそうであるように、デジタルノマドの管理にはそれなりの課題や考慮事項が伴う。 このブログポストでは、この冬の季節にリモートワーカーを効果的に管理するためのトップ10のヒントを探り、特に専門家のサポートが国境を越えた雇用とデジタルノマドの管理へのアプローチにどのような革命をもたらすかに焦点を当てます。

労働力の所在を把握する

すべての関係者が保護されるよう、位置情報の開示に関する明確な方針を確立することが不可欠だ。 リモートワーカーがどこにいるかを把握することは、コンプライアンスと法的セキュリティにとって極めて重要です。 その所在地を知らないと、労働関連の監査や雇用法違反など、法的な問題に発展する可能性がある。 また、あなたの会社を次のようなリスクにさらす可能性もある。
恒久的施設(PE)
を外国で設立する。

デジタルノマドの特徴を認識する

デジタル・ノマドを効果的に管理するには、彼ら独自のニーズや要望を理解し、それに応える必要がある。 デジタルノマドはリモートワーカーやハイブリッドワーカーとは異なる いくつかの点で。 固定した本拠地を持たず、しばしば広範囲を飛び回る。 彼らの動機と価値観の中心は、場所の独立性とライフスタイルの柔軟性である。

採用戦略の調整

デジタル・ノマドの人材を確保することは、従来の求人広告では引き付けられない可能性があるため、難しいことである。 さらに、言語、文化、時間帯の壁が障害となることもある。 デジタル・ノマドを惹きつけるには、会社の価値観、文化、期待を明確に伝えること。 また、このユニークな労働力の見込み客とつながるために、別のチャネルを利用することもできる。

面接と採用プロセスを適応させる

遠隔面接と評価 は、デジタル・ノマドを雇用する際に非常に重要である。 採用プロセスには、バーチャル面接、スキル評価、文化的適合性評価を含めるべきです。 新入社員のオンボーディングとトレーニングのための明確なコミュニケーション・チャネルとプロトコルを確立し、次のことに投資する。 テクノロジーツール リモート・コミュニケーションとコラボレーションを促進する。 現地の専門家と提携することで、スムーズでコンプライアンスに準拠したオンボーディング・プロセスを実現できる。

エンゲージメントとモチベーションの向上

デジタル・ノマドは独立して仕事をすることが多く、彼らのエンゲージメントを維持することは難しい。 バーチャルチームビルディングアクティビティを企画し、定期的なコミュニケーションを図り、メンターシッププログラムを実施することで、リモートワーカー同士のコミュニティ意識を醸成する。 定期的なフィードバックと評価も、デジタル・ノマドの意欲を維持するためには欠かせない。

規制遵守に真正面から取り組む

デジタルノマドは複数の国で働く可能性があり、現地の税法、雇用法、社会保障規制を遵守するのが複雑になる。 コンプライアンスを確保するためには、現地の規制を理解している法律の専門家や専門家と協力することが不可欠です。

法的不測の事態を避ける

デジタルノマドの人事プロセスを管理することは、複雑で変化し続ける規制の迷路をナビゲートするようなものだ。 企業は、デジタルノマドが働く国の税金、福利厚生、雇用契約に関するすべての法的要件を満たす必要がある。 不適切なアプローチは、海外でのPEリスクにつながり、企業の評判や人間関係を損なう可能性がある。

EOR採用のパワーを取り入れよう

国境を越えたデジタル・ノマド人材の管理という課題に対する一つの解決策は、グローバルな雇用主(EOR)を通じて雇用することである。
エンプロイヤー・オブ・レコード(EOR)
. EORはコンプライアンス問題を支援し、デジタルノマドが現地の法律や規制に従って雇用され、賃金が支払われるようにすることができる。 また、従業員データを保護しながら、人事処理、給与計算、福利厚生のサポートも提供できる。 EORはまた、次のようなサポートができるかもしれません。
ビザ
の手続きを行う。

リクルートとエンゲージメントの強化

一部のケースでは、EORが採用やエンゲージメントを戦略的にサポートし、彼らの知識や専門性を活用して、デジタル・ノマドの優秀な人材とつながり、エンゲージするのを支援します。 これこそが、この国の基礎なのだ。
GoGlobalの採用&雇用
ソリューションにより、専門的な人材採用とグローバルなEORサービスを組み合わせることができます。

労働者の地位と分類を考える

通常、独立請負業者(IC)を雇用するよりも、伝統的な従業員と雇用者の関係を選ぶことが推奨される。
インディペンデント・コントラクター(IC)
リモートワークのポジション このアプローチにより、管理しやすくなり、以下のような潜在的な法的複雑さが軽減される。 社員区分. しかし、特定のプロジェクトのニーズや柔軟性のためにフリーランサーを雇うことが望ましい場合は、次のような専門家サービスを検討してください。
GoGlobalのICソリューション
および
エージェント・オブ・レコード(AOR)
サービスを提供する。 これらは、現地規制の遵守を確保しつつ、ICを関与させるプロセスを合理化するのに役立つ。

未来への展望:デジタル・ノマディズムへのウォーミングアップ

資格のあるEORと協力することで、企業はギャップを埋め、採用を改善し、エンゲージメントを高め、急成長しているユニークな人材プールの特定のニーズを満たす強固なデジタル・ノマド戦略を策定することができる。 GoGlobalの
リクルート&ハイヤー
特にIC Solutionsは、デジタルノマドを管理するための包括的なアプローチを提供し、貴社の従業員がコンプライアンスを守り、従事し、デジタルノマド時代に活躍できるようにします。

リモートワークに国境はありません。デジタル・ノマディズムとプロフェッショナルの専門知識を取り入れることで、あなたの会社は一歩先を行き、世界中のデジタル・ノマドの膨大な人材プールを活用することができます。

そこで、冬が近づくにつれ、このグローバルな労働力現象を最大限に活用し、御社が未来の仕事に万全の備えができるようにするにはどうしたらよいかを考えてみてはいかがだろうか。

GoGlobalの詳細をチェックする リクルート&ハイヤー そして ICソリューション または お問い合わせ デジタル・ノマディズムの世界をマスターするために、当社の専門サービスがどのようにお役に立てるか、詳しくはこちらをご覧ください。