ローカライズされた、コンプライアンスに準拠した福利厚生:スタートアップ企業成功のためのビジネス必須条件

Employee pressing a digital button named benefits to show Compliant Benefits

競争の激しいスタートアップのエコシステムにおいて、人材管理は成功を左右する重要な要素です。スタートアップ企業が人材を惹きつけ、維持できるかどうかを決定する重要な要素のひとつに、福利厚生があります。 株式インセンティブから従業員支援プログラム(EAP)に至るまで、これらの福利厚生は従業員の満足度、モチベーション、そして企業全体の成功を形作る上で極めて重要です。

このブログポストでは、スタートアップ企業の成功に不可欠な福利厚生の種類と、EOR(Employer of Record)サービスが現地の規制や文化的な期待に準拠した福利厚生パッケージの管理をどのように支援できるかを説明します。

 

人材獲得と定着のための強力なツール

株式報酬、ヘルスケア、ウェルネス・プログラムなど、さまざまな福利厚生は、優秀な人材の獲得と維持を目指すスタートアップ企業にとって不可欠なツールです。 人材の獲得と確保が成長と成功に不可欠なスタートアップ企業という競争の激しい環境では、包括的な福利厚生パッケージが大きな違いを生むことになります。

福利厚生の主な機能の1つは、従業員の福利厚生と全体的な満足度に対するスタートアップ企業のコミットメントを示すことです。競争力のある福利厚生パッケージを提供することで、スタートアップ企業は従業員の健康、経済的な安定、ワークライフバランスを重視していることを雇用候補者に示すことができます。そうすることで、チームメンバー間の忠誠心、信頼感、帰属意識を育む職場文化が生まれます。

福利厚生は、スタートアップ企業の価値観と従業員へのコミットメントを具体的に表現する役割を果たします。福利厚生は、優秀な人材を組織に惹きつけるだけでなく、従業員が評価され、やる気を感じ、会社の成功に向けて全力を尽くす力を与えられるような、前向きで協力的な職場環境づくりにも貢献します。

戦略的な福利厚生管理を通じて、スタートアップ企業は人材市場における差別化を図り、従業員のロイヤリティとエンゲージメントを育み、最終的に長期的な成長を促進することができます。

 

特典の種類

以下は、スタートアップ企業が国境を越えた従業員への福利厚生の提供を検討する際のいくつかのタイプです

報酬・手当

  • 株式報酬:株式報酬を従業員に提供することで、従業員は会社の成功に関与することができ、長期的な成長と収益性と利害を一致させることができます。 Sifted社が発表したデータによると、スタートアップ企業は通常、組織の株式の10~20%を従業員ストック・オプション・プールに割り当てています。
  • 食費:食事手当を支給することで、従業員は勤務時間中に食事を楽しむことができます。ケータリング、食事の宅配サービス、レストランでの食事代の払い戻しなどを利用できます。
  • 交通費支給:交通費の支給は、公共交通機関の定期券、駐車料金、車通勤者の走行距離の払い戻しなど、従業員の通勤費を賄うものです。
  • リモートワーク手当:リモートワーク手当を支給することで、従業員は生産性の高いホームオフィス環境を整えることができ、人間工学に基づいた家具、インターネット接続、テクノロジーのアップグレードなどの費用をカバーすることができます。
  • 宿泊施設/住宅支援:宿泊施設や住宅支援を提供することで、従業員が適切な住居を確保できるようになり、特に仕事のために転勤する場合には、税制上の優遇措置が受けられる可能性があります。

健康とウェルネス

  • 従業員支援プログラム(EAP):EAPを提供することで、従業員は個人的な問題や仕事に関連するさまざまな問題について、秘密厳守のカウンセリングやサポートサービスを利用できるようになり、メンタルヘルスとウェルビーイングが促進されます。
  • 家族サポートの強化:スタートアップ企業は、従業員の仕事と家庭の両立を支援するため、充実した家族支援福利厚生を提供することができます。このような福利厚生には、体外受精のような処置のためのカウンセリングや経済的支援を提供する不妊治療支援プログラム、小児科医療やメンタルヘルスサービスをカバーする補足的医療給付、法定休暇中の給与上乗せ、介護責任のための追加家族休暇、職場復帰フレキシビリティプログラム、育児支援補助金、妊婦の両親のための個別の出産・育児コンシェルジュサービスなどが含まれます。
  • ウェルネス・ベネフィット:ジムの会員、施設内のフィットネスクラス、健康関連費用の払い戻しなど、ウェルネス・ベネフィットを提供することで、従業員の健康を促進し、欠勤を減らすことができます。

ワーク・ライフ・バランス

  • プロフェッショナル育成支援:専門能力開発のための奨学金を支給することで、従業員は教育機会を追求したり、会議に出席したり、スキルを高めキャリアを向上させるためのコースを受講したりすることができます。
  • フレックスタイム制:フレックスタイム制を導入することで、従業員は仕事とプライベートの両立が可能になり、ワーク・ライフ・バランスが改善され、仕事への満足度が高まります。
  • 有給ボランティア休暇:有給ボランティア休暇の提供は、従業員が勤務時間中に慈善活動に貢献できるようにし、地域社会への参加と社会的責任を奨励します。

退職

  • 退職貯蓄プラン:
    退職貯蓄制度へのアクセスを提供することは、401(k)や年金制度などの選択肢を提供することで、従業員の長期的な経済的安定に対するコミットメントを示します。

EOR: 国境を越えたベネフィット設計の強い味方

国境を越えた従業員に対する福利厚生の管理は、法定福利厚生や補足的な福利厚生が多様に存在するため、独特の課題があります。福利厚生を取り巻く法規制の遵守、責任、文化的な期待は国境によって異なります。ある国では人気のある魅力的な福利厚生であっても、別の国では実行不可能であったり、節税効果がなかったりするため、スタートアップ企業にとっては、福利厚生パッケージを慎重に検討し、それに合わせて調整することが不可欠となります。

現地の規制を遵守し、期待に応えつつ、グローバルな従業員の心に響く福利厚生を提供するためには、このようなニュアンスの違いをうまく調整することが極めて重要です。

そこで、EORがスタートアップ企業に貴重な支援を提供することが可能です。EORは、国境を越えた雇用関係の管理を専門としており、複雑なグローバル労働法や規制をナビゲートする専門知識を持っています。EORと提携することで、スタートアップ企業は現地の法律を確実に遵守し、各市場に合わせた補足的な福利厚生の提案を受けることができます。

福利厚生とは別に、EORは給与計算を代行し、給与支払いの正確性と適時性を確保することで、スタートアップ企業の負担を軽減することができます。これにより、業務が効率化されるだけでなく、給与処理に伴うエラーや罰則のリスクも軽減されます。EORのチームは、源泉徴収や社会保険料負担などに関する専門的なガイダンスや支援を従業員に提供し、スタートアップ企業の人事管理が現地の規制に沿ったものとなるようにします。

コンプライアンスや管理業務をEORのパートナーに任せることで、スタートアップ企業は、中核となる事業目標を推進する要となる人材管理へのアプローチを高めることができます。同時に、現地の専門家が人事業務を管理しているという安心感も得られます。これにより、スタートアップ企業は世界中の優秀な人材を、彼らがどこに住んでいようと惹きつけ、維持することができるのです。

 

ウェビナー「It’s a Small World」にご参加ください

5月14日のウェビナー「It’s Small World: International Expansion for Startups」にご参加いただくか、総合ガイド「Roadmap to Global Growth for Startups」をダウンロードしてください。世界の新市場への進出をお考えでしたら、GoGlobalまでぜひお問合せください。