個人事業主のコンプライアンス違反が次の資金調達活動の妨げにならないために

Group of startup business owners discussing IC compliance using sticky notes on Glass door

ペースの速いスタートアップ企業の世界では、俊敏性と柔軟性が重視される。進化するビジネス需要に対応し、長期雇用契約に縛られることなく専門的なスキルにアクセスするため、多くのスタートアップ企業は個人事業主(IC)の雇用に目を向けています。

このブログでは、多国籍のスタートアップ企業が海外からICを雇用する際に直面するリスクについて、誤分類の危険性から意図しない海外市場での恒久的施設(PE)まで、掘り下げて解説する。また、スタートアップ企業が人材管理戦略を講じ、従業員全体のコンプライアンスと効果的なエンゲージメントを確保するために役立つ2つの解決策を紹介します。

 

誤分類の危険性

スタートアップ企業がICを雇用する際に直面する最も重大なリスクの一つは、誤分類です。従業員であるべき労働者を契約社員として誤って分類すると、潜在的な罰金から法的影響、労働者との関係の悪化に至るまで、深刻な結果を招く可能性があります。

誤分類は、組織が労働者を従業員ではなく個人事業主として扱っているにもかかわらず、労働関係の性質がそうでないことを示唆している場合に発生します。これは、分類基準を理解していなかったり、労働者を雇用することに伴う法的義務を意図的に回避したりすることが原因で起こります。

理由の如何に関わらず、誤分類による影響はスタートアップ企業にとって有害であり、費用のかかる法廷闘争や罰金、風評被害につながる可能性があります。

 

意図せざる税務・法的責任

グローバルに展開するスタートアップ企業は、新市場での存在感を迅速に確立するためにICを利用することが多くあります。 しかし、この戦略には、意図せず海外市場に恒久的施設を作ってしまうなどのリスクが伴います。 国際的な個人事業者契約における法律上および税制上の複雑な問題への対処を怠ると、予期せぬ納税義務やコンプライアンス上の問題を引き起こす可能性があります。

恒久的施設を設立すると、スタートアップ企業は不注意にも外国の税法や規制にさらされることになり、その税法や規制は自国のものとは大きく異なる可能性があります。 その結果、予期せぬ税金の請求や罰則、規制当局の監視を受けることになり、最終的にはスタートアップ企業の成長と財務の安定を妨げることになります。 さらに、スタートアップ企業が海外のICとの契約を作成する際に対処すべき知的財産(IP)保護に関する重要な考慮事項があります。

長所と短所を比較する

スタートアップ企業は、人材を従来の従業員として雇用するか、ICを採用するかというジレンマに直面するかもしれません。 メリットとデメリットを慎重に評価し、どの人材管理体制が短期的にも長期的にもスタートアップのニーズに最も適しているかを検討することが不可欠です。

ICは、フルタイムの従業員を雇用することに伴う固定的な間接費なしに、専門的な専門知識への即時のアクセスをスタートアップ企業に提供する一方で、ICとの関係は、長期的なコミットメント、忠誠心、スタートアップ企業の目標との整合性を育む従来の雇用者と従業員の絆の深さに欠けている可能性があります。

国によって、ICコンプライアンスに関する法律や規制が異なることを認識することが不可欠です。コンプライアンスを確保し、リスクを軽減するためには、それぞれの進出先の法的状況を理解することが不可欠です。

 

国境を越えた人事専門家との協力

このような複雑性を考慮すると、スタートアップ企業は国境を越えた人事サービス会社と協力することが推奨されます。このような会社は、管轄地域の規制やコンプライアンス要件などの要因を考慮しながら、スタートアップ企業の人材実績を評価することができます。 さらに、国境を越えてICに関与する際のコンプライアンスと業務効率の両方を確保するために、オーダーメイドの提案とソリューションを提供することもできます。

ハーバード・ビジネス・レビュー(Harvard Business Review)が発表した調査によると、主要な人事プロセスをアウトソーシングすることで、組織の総人事コストを最大30%削減できる可能性があるといいます。以下の2つのソリューションは、コンプライアンスと業務効率を維持しながら人材を採用するための効果的な戦略として役立ちます。

ソリューション1:

海外雇用代行サービス「EOR」

EORが従業員に対する法的責任を負うことで、スタートアップ企業は雇用リスクを軽減し、主要な人事プロセスを最適化して、グローバルな事業拡大を支援することができます。

ソリューション2

業務委託契約代行サービス「AOR」

役割や機能によっては、スタートアップ企業がICと契約することが最適な場合もあります。AORソリューションは、コンプライアンスと業務効率を確保しながら、ICとの契約を効果的に管理する戦略的手段として登場しました。

AORは、企業に代わってICとの契約と管理を促進する専門サービス会社です。AORの専門知識を活用することで、新興企業はリスクを軽減し、業務プロセスを最適化しながら、ICとの契約プロセスを合理化することができます。

EORの利点

 

AORの利点

 

コンプライアンス
  • EORは、労働者が正しく分類され、すべての法的義務が満たされていることを確認する上で、非常に貴重な専門知識をもたらす。
  • この積極的なアプローチにより、コンプライアンス違反に伴う罰金や罰則に直面するリスクを最小限に抑えることができる。
  • AORは、現地の労働法規に関する幅広い知識と理解をもたらす。
  • AORと提携することで、スタートアップ企業はICエンゲージメントが関連する法的要件に準拠していることを確認でき、罰金や罰則のリスクを最小限に抑えることができる。
専門知識とサポート
  • EORサービス会社は、給与計算、福利厚生管理、税務コンプライアンス、その他の管理業務など、雇用に関連するさまざまな事柄のサポートを提供している。
  • これらの責任をEOR会社に任せることで、スタートアップ企業はコア業務に集中することができ、同時にコンプライアンス基準を達成することができる。
  • AORサービスは、契約交渉、オンボーディング、継続的な管理など、ICエンゲージメントのさまざまな側面を管理する包括的なサポートを提供する。
  • 専任のプロフェッショナルがIC関係を監督することで、スタートアップ企業は中核となる事業活動に集中することができる。
リスク軽減
  • EORは、労働者が受けるべき適切な給付と保護を確実に受けられるよう監督を行い、調和のとれた労使関係を育むことができる。
  • IC管理をAORに任せることで、スタートアップ企業は誤分類のリスクを効果的に軽減することができる。 AORは、ICエンゲージメントが関連する法的基準を遵守していることを確認する責任を負い、コンプライアンスに関連する問題の可能性を低減する。
費用対効果の高いスケーラビリティ
  • EOR採用により、スタートアップ企業はコンプライアンスを達成しながら、最適化された労働者配置と合理化された人事プロセスによるコスト削減の恩恵を受けることができる。
  • EORモデルは、スタートアップ企業が労働者の特定のタスクやプロジェクトを直接監督・管理する必要がある場合に使用できる。
  • スタートアップ企業が成長し進化するにつれ、労働力のニーズは変動する可能性がある。 AORソリューションは拡張性と柔軟性を備えているため、新興企業は変化するビジネス要件に応じてIC契約を適応させることができる。
  • AORモデルは、スタートアップ企業が独立してプロセスを管理できる専門人材を採用する場合に理想的であり、ワークフローを直接監督する必要はない。

スタートアップの成功は人材管理から

スタートアップの成功は人材管理から始まります。適切な人材がイノベーションを推進し、成長を促進し、最終的に組織の軌道を決定するからです。

ベンチャーキャピタル(VC)は、雇用慣行を含め、スタートアップ企業の業務を精査する傾向を強めています。 VCは一般的に、持続可能でコンプライアンスに準拠した事業慣行を優先します。 そのため、強固なICコンプライアンスを実証することは、彼らの投資を確保する上で極めて重要な要素となります。 その一方で、IC規制の非遵守は多くのVCにとって赤信号となり、スタートアップ企業が成長のために重要な資金を確保する妨げとなる可能性があります。

スタートアップ企業が人材採用のダイナミックな状況を乗り切るには、ICコンプライアンスのニュアンスを理解し、専門的なサービスプロバイダーの専門知識を活用することが、今日の競争の激しいビジネス環境で持続的な成長と成功を収めるための重要なステップとなります。

ICを関与させる戦略的アプローチを採用し、EORおよびAORソリューションのサポートを活用することで、スタートアップ企業は、法的リスクを最小限に抑え、業務効率を最大化しながら、労働力の潜在能力を最大限に引き出すことができます。

 

ウェビナー「It’s a Small World」にご参加ください

5月14日のウェビナー「It’s Small World: International Expansion for Startups」にご参加いただくか、総合ガイド「Roadmap to Global Growth for Startups」をダウンロードしてください。世界の新市場への進出をお考えでしたら、GoGlobalまでぜひお問合せください。