グローバル展開の地形を探る:テクノロジー系スタートアップ企業の動向トップ10

テクノロジー系スタートアップ企業は今年、グローバルな事業展開に照準を合わせ、様々な課題と機会が混在する状況に直面しています。 このような状況を乗り切るには、グローバルなビジネス環境を形成するトレンドに対する微妙な違いを理解が必要であります。

このブログポストでは、テクノロジー系スタートアップ企業のグローバル展開に影響を与えるトレンドトップ10を探り、重要な検討事項と戦略的洞察に光を当てます。 加えて、さらに、これらのトレンドに対応し、グローバル展開の成功を目指すテクノロジー系スタートアップ企業をサポートする上で、EOR(Emplyer of Record)サービスがいかに重要な役割を果たすかを明らかにします。

世界的な労働力不足

  • トレンドの概要:世界的な労働力不足が続く中、シニア・ソフトウェア・エンジニア、DevOpsエンジニア、クラウド・エンジニア、AIエキスパートなど、専門性の高い技術職の需要が世界的に急増しています。
  • テクノロジー系スタートアップ企業への影響: スタートアップ企業は人材発掘の幅を広げ、 ニッチな人材や競争力のある費用対効果の高い給与の地域を求めています。
  • 戦略的考察:現地の知識と特定のスキルセットを融合させる採用戦略の適応は、テクノロジー分野で競争力を維持する上で極めて重要です。
  • EORの貢献:EORの中には、グローバル採用への合理的なアプローチをスタートアップ企業に提供し、多様な市場での人材獲得をナビゲートする現地の専門知識を提供できるところもあります。

テクノロジー分野でのM&Aが急増

  • トレンドの概要:ゴールドマン・サックスナスダックの予測によると、2024年にはM&A活動の急増が予想され、企業の地形は大きく変化することが予想されます。モルガン・スタンレーによると、年末までに世界でM&A件数は50%も増加する可能性があり、その大部分をテクノロジー業界とヘルスケア業界が占めているということです。
  • テクノロジー系スタートアップ企業への影響:クロスボーダーM&Aは、即時の市場参入、新たな収益源の導入、多様な人材プールへのアクセスなどの機会を提供します。
  • 戦略的考察:テクノロジー系スタートアップ企業は、2024年の有望なM&A状況を活用するために、長期的な事業目標に沿った強固な人材管理戦略を優先する必要があります。
  • EORの貢献:EORサービスはM&A活動におけるシームレスなタレントマネジメントを促進し、複雑な労働力の移行やコンプライアンスに関する専門知識を提供することができます。これにより、テクノロジー系スタートアップ企業のスムーズな統合プロセスを促進することができます。アセット・カーブアウト取引のような具体的なシナリオでは、EORは孤児となった従業員に関する問題を解決する上で重要な役割を果たします。

テクノロジー系スタートアップ企業は、新興経済圏に向かっている

  • トレンドの概要:国際的なテクノロジー企業は、アフリカ、アジア太平洋、中東欧、中東、ラテンアメリカなどの新興経済圏に向けて大きく前進しています。
  • テクノロジー系スタートアップ企業への影響: スタートアップ企業は現地の市場力学を理解し、文化的なニュアンスにビジネスアプローチを適応させ、多様で刻々と変化する規制環境を乗り切らなければならなりません。
  • 戦略的考察: 新興市場で持続的に成功するためには、包括的で長期的な戦略が不可欠です。
  • EORの貢献: EORは、スタートアップ企業が新市場の複雑さを理解し、現地の規制を確実に遵守できるよう、現地に特化した専門知識を提供することができます。 EORとの戦略的パートナーシップにより、スタートアップ企業は多様な新興市場において持続的な成功を収めるための包括的かつ長期的な戦略を実施することができます。

カスタマイズされた福利厚生は、これまで以上に重要になるかもしれない

  • トレンドの概要: 健康管理や株式報酬などの包括的な福利厚生パッケージのカスタマイズすることは、世界的に優秀な技術系人材を惹きつけ、維持するために極めて重要です。
  • テクノロジー系スタートアップ企業への影響: 現地の規制や文化的な期待をないがしろにすると、罰金や予期せぬコスト、人材確保の問題が生じる可能性があります。
  • 戦略的考察:一律の福利厚生と地域のニーズとのバランスをとることは、従業員の士気を維持し、まとまりのある企業文化を創造するために不可欠です。
  • EORの貢献:EORと協力してカスタマイズされた福利厚生を設計することで、スタートアップ企業は画一的な福利厚生と各地域のニーズとの間で適切なバランスを取ることができ、従業員の士気を高め、多様なグローバルチーム全体で結束力のある企業文化を育成することができます。

テクノロジー系スタートアップ企業には、多様性、公平性、包括性、帰属性(DEIB)を推進するまたとない機会がある

  • トレンドの概要:大手テクノロジー企業がDEIBからピボットすることは、テクノロジー系スタートアップ企業がこれらの価値を率先して支持するまたとない機会を生み出しています。
  • テクノロジー系スタートアップ企業への影響:テクノロジー系スタートアップ企業は、DEIBを重視し、多様な背景、文化、視点を活用することで、イノベーションと持続可能な成長を促進することができます。
  • 戦略的考察:大手テクノロジー企業が残した空白を認識し、テクノロジー系スタートアップ企業は戦略的にDEIBを優先し、コア戦略に統合することで、競争優位性を確立し、持続可能な成長を促進することができます。
  • EORの貢献: EORパートナーは、採用支援、多様な雇用慣行の促進、インクルーシブな職場文化の醸成などを通じて、テクノロジー系スタートアップ企業のDEIBイニシアティブに貢献することができます。EORプロバイダーは、現地の専門知識を生かし、スタートアップ企業が文化的なニュアンスを理解し、多様な労働力を惹きつけるための採用戦略を調整できるようサポートすることができます。 これは、スタートアップ企業が持続可能な成長のためにDEIBを支持することができるように、中核戦略に包括性を効果的に統合するのに役立ちます。

個人事業主の雇用は増加すると予想される。 管轄区域もまた、より多くの規制を可決している

リモートワークはグローバル展開に不可欠だが、課題もある

  • トレンドの概要:リモートワークモデルは不可欠なものとなっているが、法的な複雑さ、データ保護リスク、労働者のエンゲージメント問題など、依然として課題が山積しています。
  • テクノロジー系スタートアップ企業への影響:リモートワーク規制への対応と、技術、データ、知的財産(IP)の保護は特に国境を越えて事業を展開する企業にとって重要な課題となっています。
  • 戦略的考察:スタートアップ企業は、変化するグローバル規制を遵守しながら、リモートワーカーを効果的に関与させ、サポートするための戦略を調整する必要があります。
  • EORの貢献:EORは、リモートワーク規制への対応、技術保護、データ保護に関する専門知識を提供します。 EORサービスを活用することで、スタートアップ企業はリモートワークに関連する法的複雑性に効果的に対処し、データ保護対策を強化し、国境を越えた労働者のエンゲージメントを促進することができます。

雇用主がスポンサーとなるビザは、グローバル雇用にとって必ずしも現実的な選択肢ではない。

  • トレンドの概要:長い待ち時間と官僚的なハードルにより、雇用主がスポンサーとなるビザは、あらゆる規模の企業、特に即戦力採用を必要とするペースの速い環境で事業を展開する新興企業にとって魅力的ではなくなっています。
  • テクノロジー系スタートアップ企業への影響:海外からの人材採用には課題や事務手続きが伴い、採用の複雑さが増します。
  • 戦略的考察:テクノロジー系スタートアップ企業は、雇用主がスポンサーとなるビザに関連する課題のために、グローバル展開と雇用の追求に駆り立てられている。
  • EORの貢献:EORは、雇用主がスポンサーとなるビザを取得することなく、グローバルな雇用を促進する代替手段を提供します。  EORは採用プロセスを合理化し、管理上のハードルを軽減し、国境を越えた人材獲得を管理する専門知識を提供します。 EORサービスを活用することで、テクノロジー系スタートアップ企業は雇用主がスポンサーとなるビザに関連する課題を克服することができます。 これによって、目まぐるしく変化する業務ニーズに対応した、よりスムーズで効率的なグローバル採用戦略が促進されます。

データと知的財産の保護はビジネスの必須条件

  • トレンドの概要:国境を越えた労働力の急増とサイバーセキュリティリスクの高まり、牢堅なデータおよび知的財産保護の重要性が高まっています。
  • 技術系新興企業への影響:国境を越えたリスクは機密情報の完全性を脅かす可能性があるため、グローバルな従業員の管理は複雑で、データや知的財産の保護にかかる負担は大きくなります。
  • 戦略的考察:企業はその規模にかかわらず、国境を越えた業務の中でサイバー脅威に対する防御体制を強化し、機密情報と知的財産の両方を積極的に保護しなければなりません。
  • EORの貢献: EORは、データ保護と現地規制の遵守において高い基準を維持しながら、テクノロジー系スタートアップ企業が国境を越えた複雑な業務をこなせるようにします。 EORサービスを利用することで、テクノロジー系スタートアップ企業は労働力における知的財産へのリスクを軽減し、グローバルに分散した労働環境における機密情報管理のための安全な基盤を確立することができます。

規制環境の複雑化

  • トレンドの概要:国際的なビジネス環境は、進化する人事法、コンプライアンスの課題、複雑な規制の枠組みに直面しています。
  • テクノロジー系スタートアップ企業への影響: 休暇規定, 福利厚生, 税制 および雇用関連拠出金の変化に対応することはグローバルに展開する企業にとって コンプライアンスの課題企業リスクをもたらします。 
  • 戦略的考察: 毎年、人事に影響を与える500以上の重要な規制変更が世界中で可決されています。 ニッチでローカライズされた専門知識は、多様な法域におけるコンプライアンスを維持するために極めて重要です。
  • EORの貢献: EORのサービスを利用することで、テクノロジー系スタートアップ企業は専門的なガイダンス、積極的なリスク軽減、オーダーメイドの人事戦略の恩恵を受けることができます。 EORのパートナーは、スタートアップ企業がコンプライアンス基準を遵守し、企業リスクを効果的に管理し、複雑な規制の枠組みの中で持続的な成功を収めるための強固な基盤を確立するのを支援することができます。


当社のガイドブック「
スタートアップ企業のためのグローバル成長へのロードマップ」をぜひご覧ください。


当社のEORサービスについて詳しく知りたい方はお気軽に
お問い合わせください。