テクノロジー系スタートアップ企業の新たな採用動向トップ5

Human Resource team in a Tech startup talking to a recruitee during the hiring process

記録的な低失業率の中、世界の労働市場が拡大を続け、オートメーション化が人事部門の合理化を約束する中、テクノロジー系スタートアップ企業は、人材管理に関して無数の不確実性、課題、機会を乗り越えています。専門的な技術職に対する需要の高まりから、福利厚生に対する期待の進化に至るまで、グローバルな雇用情勢は複雑で微妙な問題をはらんでいます。

このブログポストでは、スタートアップ企業が競争力を維持するために知っておくべき、仕事の世界で出現しているトップトレンドについて見ていきます。また、スタートアップ企業がこれらのトレンドを効果的に乗り切るために、効果的なEOR(Employer of Record)サービスが果たす極めて重要な役割についても明らかにします。

世界的な人材争奪戦はまだ続いている

トレンドの概要:世界的な労働力不足が続く中、シニア・ソフトウェア・エンジニア、DevOpsエンジニア、クラウド・エンジニア、AI専門家などの専門技術職の需要が世界的に急増しています。

テクノロジー系スタートアップ企業への影響:スタートアップ企業は人材探しの幅を広げています。ニッチな人材や競争力のある費用対効果の高い給与の地域を求めています。

戦略的考察:テクノロジー分野で競争力を維持するためには、地域の知識と特定のスキルセットを融合させる採用戦略の適応が不可欠です。

EORの貢献:EORの中には、スタートアップ企業にグローバルな人材採用の合理的なアプローチを提供できるところもあります。多様な市場での人材獲得をナビゲートするための現地専門知識を提供します。

 

カスタマイズされた福利厚生は、これまで以上に重要になっている

トレンドの概要:株式報酬を含む包括的な福利厚生パッケージ をカスタマイズすることは、世界的に優秀な技術系人材を惹きつけ、維持するために極めて重要です。

技術系新興企業への影響:現地の規制や文化的期待を無視した福利厚生に対する文化的な期待は、罰金や予期せぬコスト、人材確保の問題を引き起こす可能性があります。

戦略的考察: 一律の福利厚生と地域のニーズとのバランスをとることは、従業員の士気を維持し、結束力のある企業文化を創造するために不可欠です。

EORの貢献: EORと協力してカスタマイズされた福利厚生を設計することで、スタートアップ企業は画一的な福利厚生と各地域のニーズとの間で適切なバランスを取ることができ、従業員の士気を高め、多様なグローバルチーム全体で結束力のある企業文化を育成することができます。

テクノロジー系スタートアップ企業には、多様性、公平性、包括性、帰属性(DEIB)を推進するまたとない機会がある

トレンドの概要:大手テクノロジー企業がDEIBからピボットすることは、テクノロジー系スタートアップ企業がこれらの価値を率先して支持するまたとない機会を生み出しています。

技術系新興企業への影響: テクノロジー系スタートアップ企業は、DEIBを重視し、多様な背景、文化、視点を活用することで、イノベーションと持続可能な成長を促進することができます。

戦略的考察:大手テクノロジー企業が残した空白を認識し、テクノロジー系スタートアップ企業は戦略的にDEIBを優先し、コア戦略に統合することで、競争優位性を確立し、持続可能な成長を促進することができます。

EORの貢献:EORパートナーは、採用支援、多様な雇用慣行の促進、インクルーシブな職場文化の醸成などを通じて、テクノロジー系スタートアップ企業のDEIBイニシアティブに貢献することができます。EORプロバイダーは、現地の専門知識を生かし、スタートアップ企業が文化的なニュアンスを理解し、多様な労働力を惹きつけるための採用戦略を調整できるようサポートすることができます。 これは、スタートアップ企業が持続可能な成長のためにDEIBを支持することができるように、中核戦略に包括性を効果的に統合するのに役立ちます。

個人事業主の雇用は増加すると予想される。 管轄区域もまた、より多くの規制を可決している

トレンドの概要:ギグ・エコノミーの拡大と専門スキルの需要により、個人事業主(IC)が急増しています。 テクノロジー系スタートアップ企業は慎重に行動する必要があります。 最近のヘッドライン と 世界各地の新しい法律 は、労働者の誤分類に関連するリスクを指摘しており、個人事業主の複雑な問題に企業が直面する課題を浮き彫りにしています。

技術系新興企業への影響:企業はICの柔軟性を活用していますが、誤分類のリスクや法的複雑性が課題となっています。

戦略的考察:グローバルに事業を展開する企業は、個人事業主に関連する複雑な問題に対処し、コンプライアンスを守り、リスクを軽減しなければなりません。

EORの貢献: EORサービスはテクノロジー系スタートアップ企業がICと契約するための戦略的ソリューションを提供し、複雑なコンプライアンスとリスク軽減の専門知識を提供します。 EORの中には、従来のサービスにとどまらず、AOR(Agent of Record)サービスを提供し、ICのコンプライアンスを強化し、契約書作成、支払処理、税務報告などのプロセスを合理化するところもあります。

 

雇用主がスポンサーとなるビザは、グローバル雇用にとって必ずしも現実的な選択肢ではない

トレンドの概要:長い待ち時間と官僚的なハードルにより、雇用主がスポンサーとなるビザは、あらゆる規模の企業、特に即戦力採用を必要とするペースの速い環境で事業を展開する新興企業にとって魅力的ではなくなっています。

技術系新興企業への影響: 海外からの人材採用には課題や事務手続きが伴い、採用の複雑さが増します。

戦略的考察:技術系新興企業は、雇用主がスポンサーとなるビザに関連する課題のために、グローバル展開と雇用の追求に駆り立てられています。

EORの貢献:EORは、雇用主がスポンサーとなるビザを取得することなく、グローバルな雇用を促進する代替手段を提供します。  EORは採用プロセスを合理化し、管理上のハードルを軽減し、国境を越えた人材獲得を管理する専門知識を提供します。 EORサービスを活用することで、テクノロジー系スタートアップ企業は雇用主がスポンサーとなるビザに関連する課題を克服することができます。 これによって、目まぐるしく変化する業務ニーズに対応した、よりスムーズで効率的なグローバル採用戦略が促進されます。

 

ウェビナーに参加しよう

5月14日 ウェビナー「It’s a Small World:スタートアップ企業の国際展開」を開催


ぜひ総合ガイド「スタートアップ企業のためのグローバル成長へのロードマップ」をダウンロードしてみてください。

世界の新市場への進出をお考えでしたら、GoGlobalへお気軽にお問合せください